美白化粧品で乾燥しないために

美白化粧品を使って乾燥した経験がある方は多いと思います。美白化粧品の多くは、美白に重点を置いていて保湿は後回しになっているものが多いからです。そのような化粧品だと、使ったときは潤うのですがすぐに蒸発してしまいます。そして蒸発するときに、肌の奥の水分までも蒸発することがあり、美白化粧品を使う前よりも乾燥したように感じるのです。

美白化粧品の中には保湿を重視したものもあります。しかし、保湿重視の美白化粧品は、逆に美白を感じられないことが多いのです。今までは、美白と保湿を両立するものがなかなかありませんでした。

ですが最近になって、乾燥肌や敏感肌でも美白を感じられるものが登場しました。美白化粧品で乾燥しないためには、保湿成分が肌の奥まで届き、その保湿成分が蒸発せずに長時間肌の奥にとどまることが必要です。それを可能にしたのがこちらの美白化粧品です。

乾燥肌用の美白化粧品ならコレ

美白化粧品サエルは、乾燥肌や敏感肌の方のために開発されたものです。一般的な乾燥肌・敏感肌用の美白化粧品は、刺激を弱くするために成分がおさえられているので美白をなかなか感じることができません。しかしサエルは、乾燥肌・敏感肌の方でも美しくなれることをコンセプトに作られている今までにない美白化粧品です。

その秘密は特許技術のヴァイタサイクルヴェール。紫外線や外部刺激を徹底的にブロックし、セラミドを含む美肌成分で肌のバリア機能を積極的に修復する技術です。セラミドを補給するだけでなく、肌内部でセラミドの生成を促すので、自ら潤う肌へと導きます。

また、肌のバリア機能を修復するので、肌の奥から潤いが蒸発するのを防ぎます

一般的な美白化粧品に使われている美白成分は水溶性なので、皮脂で覆われている人間の肌にはなかなか浸透しません。しかし、サエルは水にも油にもなじみやすいウォータリーモイスチャーを配合することで、美白成分が瞬時に浸透します。そして、3つの天然成分でメラニンの生成を抑え、さらにエスクレシド(ポーラ研究所オリジナルの成分)が黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、今あるシミにも対応。

肌の乾燥とバリア機能

肌にはバリア機能と言うものがあります。バリア機能とは外部刺激などから肌を守る働きのことです。では、外部刺激とは一体どんなものでしょうか?

外部刺激には皆さんもご存知の通りまず紫外線があります。肌に紫外線が当たると肌が炎症を起こしたりすることがありますよね。肌に紫外線が当たると活性酸素が発生し、酷い場合には皮膚癌の原因になるとも言われています。紫外線以外にも、アレルゲンや花粉、カミソリなど様々なものが外部刺激となります。そのような肌に悪い外部刺激を防ぐのが肌のバリア機能です。

肌のバリア機能が弱っていると、肌が炎症を起こしやすくなり、シミやニキビもできやすくなります。美しい肌のためには、バリア機能を高めることはとても大切です。しかし、肌が乾燥しているとバリア機能が弱まってしまいます。ですから、肌を保湿して水分量を増やすことが重要です。 シミを消す方法